萩ふるさと宅配便は萩焼や萩特産品のオンラインショップです。

電話でのお問い合わせは090-3748-4814

〒758-0074 山口県萩市平安古75番地

松下村塾detail

明治日本の産業革命遺産 世界遺産

 松下村塾は、木造平屋建瓦葺の小舎で、当初からあった8畳の一室と、後に塾生達との労力によって増築した
10畳半の部分とからなっている。
 初め吉田松陰の叔父玉木文之進がここからほど遠くない自宅で私塾を開き、松下村塾と名付けていた。ついで
外叔父久保五郎左衛門がその名を継承し、子弟の教育にあたった。
 安政4年(1857)11月5日、28歳の松陰がこれを継、幽因室からここに移り講義を行った。
 翌安政5年(1858)11月29日までの1年間塾生達とすごした場所である。
 松下村塾では、身分にとらわれず集まった若者達を、強い志と誇りを持って行動する日本人に育てた。
                                   (史跡案内札参照)

  松陰神社内に現存する松下村塾、左側が当初の8畳、右側が塾生らよって増築された10畳半の講義室


          手前側が講義室、左奥側が最初の8畳間

        今は、8畳間にここを巣立った塾生たちの写真が掛けてある