萩ふるさと宅配便作品の紹介、オンラインショッピング


萩焼 本郷窯



厚保入道本久の城山を望む閑静な本郷の里に

小さな窯を設けて、「やきもの」に魅せられた私が

手さぐりの習作を重ね、温かいお心をお寄せくださ

る方々のご期待に添いたいと、ようやく一人立ちい

たしました。 世に一楽、二萩、三唐津などと申し

ますが、伝統ある萩焼の陶土と釉薬を生かし、新しい

工夫を加えて、香炉や茶器、花器など、私なりに造形

の美と萩焼の味わいを求めて、精進いたしたいと存知ます。

 

経 歴

昭和38年 山口県立厚狭高校卒

昭和47年 趣味で焼き物を初める

昭和48 第一美術展入選

以後作陶を休む

昭和59年 細工物にひかれ再び作陶を始める

昭和61年 独立本郷に開窯

昭和63年 神社本庁へ「籠目透彫香炉」を献上

感謝状をいただく

昭和64年 明治神宮 献上

平成2年 裏千家へ野田神社 献上